カチカチバターもさっと塗れる。スプレッドザットを使ってみた

TVで紹介されていた進化系バターナイフがすごい!という記事を書きましたが、勢いにまかせてネット注文したものが届いたので早速使用感をレポートしようと思います。

スプレッドザットとは

DSC_0109
DSC_0110

バターが簡単に溶ける!
手の熱がナイフに伝わることによってバターを溶かします。手のひらにバターナイフを握りゆっくりとバターを削いでください。繰り返し削ぐとバターが溶けやすくなります。

とあります。

冷蔵庫でカチカチのバターで試してみると・・・

DSC_0113

すうっと少し抑えつける感じでナイフを滑らせるように削ぐと、簡単にバターが薄く削れました!これはすごい~面白い!
早速これでパン作り。ホームベーカリーへ投入!

DSC_0114

これは生地によく混ざりそうです。実際、このときのパンはふっくらよく膨らんで美味しくできました

TVの効果で勢いに乗って購入してしまいましたが、使ってみての感想は・・・

冷蔵庫から出したてのバターをパンに塗るときには役立つ!
うまく塗れない、というプチストレスから開放されたいアナタは購入するべし!

購入しなくても良かった?と思った点

バターを簡単に計って使いたいときには、そんなに便利ではない。
私はバターを開けると、だいたい10g単位のブロック状にカットして冷蔵庫で保存しているのですが、この方がパパっと料理に使うときは便利。わざわざナイフを出して~とやらなくて良いですからね。
パン作りのときはこのバターを計量する手間は省けて便利ですが、常温に戻すまでの時間がネック。今日はパンを作るぞ!と朝から考えているときは冷蔵庫から使う分だけ出しておけばいい訳ですが、思い立って急に作るときはレンジなどで少し柔らかくしてやらないといけないんですよね。なので、その場合はスプレッドザット、役立ちます。

しかし、スプレッドザットで削って使いたい場合はバターは塊のままの方が取り扱いやすい。10グラム単位でカットしたものも置いておきたい。
バターケースが2つ必要!?・・・むむむ。

パン塗り用と料理用と割り切って2つ用意するのがベターか、考え中です。
ナイフ自体は、なかなか良いものだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です