子連れにおすすめ!ボーネルンドプロデュースの遊べるホテル【知床プリンスホテル 風なみ季】

小さいこどもを連れての旅行って、色々大変ですよね。

あまり人ごみに行くと迷子になるんじゃないか。
観光名所ばかりだとこどもが退屈してしまう。
長距離移動だと疲れたり、飽きたりしてグズってしまう。
宿についてからも、狭い部屋にとじこもっていてはもてあまして他のお客に迷惑をかけてしまうかもしれない。

などなど・・・心配ごとは尽きません。
しかし!心配ご無用!ホテルでたっぷり遊べてこども大満足!そんなお宿がありますよ。

【知床プリンスホテル 風なみ季】に泊まってみました

DSC_0540

知床。世界遺産になってから11年が経ち、すっかり観光名所になりました。
外国人観光客の方もたくさん。

今回、こちらの宿を選んだ理由は、これ!

DSC_0519

『あそびの森』という、ボーネルンドがプロデュースしたこどもの遊び場があるのです!宿泊者は無料で遊び放題!
え?ボーネルンドって何?という方。

ボーネルンドとは・・・「あそぶことは生きること」をキャッチフレーズに知育玩具や育児用具などの輸入、開発、販売を手がける。子どものあそびの「道具」としてふさわしいものだけを世界中から厳選しているほか、本物にこだわったオリジナルの商品(積み木、木琴など)も開発している。

ボーネルンドの『あそび道具』は、色彩・デザイン・音・安全性にもこだわっているので、こどもに是非遊ばせたいおもちゃばかりです。

これらのおもちゃがが実際に置いてあり、自由に遊ぶことができますよ♪

それでは、あそびの森へご案内~♪

DSC_0515
DSC_0518
DSC_0519
DSC_0520
DSC_0517
赤ちゃん用のお部屋ではアンパンマンのDVDが流れていました。
赤ちゃんをごろんとさせられるクッションも有。活発にあそぶ子とスペースを分けられるので、安心。

DSC_0516

チェックインしてから夕飯まで。
夕飯を食べてから寝るまでのちょっとした時間。
翌朝、出発までの時間。

我が家は3回もコチラを利用することとなったのですが、こどもたちはとっても楽しそうでした。
ちょっと時間があれば「あそびの森行こう!」と。
部屋でバタバタ走ったり騒いだりする心配なく、安心してこどもを見ていられるのですごく良かったです。

良いところはあそびの森だけじゃなかった

まず、おお!と思ったのは、玄関前でのお出迎え。
我が家が行ったのは夏休み前で、どちらかといえばそんなに忙しくない時期かと思うのですが、ホテルマンのにっこり笑顔で、完璧にお出迎え。
外で待っていてくれるなんて、良いホテルなんだな、と感じました。

中へ入ると、ミントの香りのするおしぼりを渡されます。
フロントでチェックインして・・・あ!ウェルカムドリンクを発見!

DSC_0509
DSC_0510

知床天然水と、自分で溶かすタイプのこんぶ茶とごぼう茶。ちょっと珍しい。

何よりいいな、と感じたのは従業員の皆さん、とっても笑顔!こどもに優しく話しかけてくれるのです。
ある特定の方だけではなく、皆さんそうだったので教育が徹底されているのかな。

夕食のバイキング会場では、こんなエピソードも。
うちの長男がメロンソーダを注文して持ってきてくれた従業員の方、「バニラアイスを乗せるとメロンフロートになるよ。美味しいよ~」と。
我が家の長男、4歳。おそらくメロンフロートなるものが何かわかっていなかったと思うのですが、「ちょっとやってみたい!」と言い出しまして、それに対して「じゃあおじさんがもってこよう!」とバイキング会場にあったバニラアイスをわざわざ取りに行ってくれたのです。
相手はこどもなのに、そこまで親切にしてくれるとは!!

ちょっと、感激しました。ありがとう、あの時のお兄さん。
名前を聞いておけばよかった・・・!

知床観光、我が家は道東住まいでほぼ地元なので特に観光はしませんでしたが、遠方から来る方には観光クルーズ船もオススメ。
野生の熊やくじらを見ることができる・・・かも!?

知床五湖を散策すると空気がキレイなのでリフレッシュ!できます。
カムイワッカの滝は滝自体が温泉、という大変珍しい滝です。以前は上の方まで登れたのですが、現在は落石の危険があるため、第一滝壺までしか登れなくなっています。
小さいこどもを連れては難しいですが、小学生くらいでしたらとても楽しめる場所です。きっと記憶に残る体験となりますよ。

今回は楽天ポイントを利用してお得に宿泊。
知床プリンスホテル 風なみ季DSC_0540

売店には、ボーネルンドのおもちゃも販売していました。
その中でも欲しいな、と思ったのがこれ。

息子たち、二人とも食いついて遊んでました。
買ってあげたいけど、むむむ・・・高いなぁ。

これはあそびの森にも置いてあり、こどもより夫が夢中になって遊んでいました。
次男(1歳)が持つと組み立てたものがすぐに崩れちゃうのが残念な点。

DSC_0514

お部屋は当初は一番安いタイプの和室で予約していたのですが、空きがあるから、とのことで南館にグレードUPしていただきました。
ベッドが2台と、和室。
靴を脱いで上がるタイプの部屋だと、小さい子がいるときは安心です。どこでも這いつくばったりしちゃいますからね。

食事は夕食・朝食ともに普通のバイキングでした。
海鮮丼コーナーはありましたが、もう少しえびとかカニとか新鮮な魚介類があってもいいのにな、というのが正直な感想。
でも、こどもたちもパクパクお腹ぽんぽこりんになるまで食べていたので、おおむね満足かな。

こども用椅子、食器、お食事エプロン、フォークやコップが揃っていたのは良かったです。
お風呂も、赤ちゃん用のバスチェアやマット完備。
さらにおもちゃで遊べる水深がごく浅いこども風呂があり、こども連れに配慮されているな~と感じました。

子連れには最高にオススメの宿です!

予約はじゃらんが便利!
登録していると、不定期に1000ポイントプレゼント!などというお知らせがくるのでお得に泊まれます。


子連れ旅行記、コチラもどうぞ。

阿寒鶴雅は温泉&岩盤浴が楽しめる宿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です