布製品における名前つけはフロッキーが一番キレイで便利。しかも簡単。

保育園や幼稚園、小学校の新学期。
持ち物すべてに名前をつけてください!という耳を塞ぎたくなるような通知がきますよね。

手早く・簡単に!でも、せっかくならキレイに名前つけしてあげたい

特に新入園・新入学の場合は持ちもの全てがピッカピカ!ですから、名前つけもせっかくなら綺麗に、丁寧につけてあげたいな、と思いますよね。
私も長男の入園準備のときは自分の書く字に自信がないのもあり、お名前シールでピタっと綺麗に取り揃えたものでした。
でも、使っていくうちにシールがはがれてきたり、洗濯を繰り返して消えてきてしまったり。
結局は油性マジックでちゃちゃっと書くのが一番早いし、誰もそこまで名前の文字の綺麗さなんて見ていないし気にしていないんだ、ということに気づくのでした。

しかし、そうは言っても何度も消えては書く、を繰り返すのも煩わしい!

我が家は長男が幼稚園に入り1年が経過したのですが、実際に使って良かった名前つけはコレだったな、というものを挙げていきたいと思います。

お道具箱、はさみ、なわとび、お弁当箱、スプーン、フォーク、箸、おしぼりケース・・・と、

大体の名前つけに役立ったのはテープをペタリ、と貼り付けるタイプのもの。

コレ使ってます。テープを入れ替えればラミネートやファブリック、透明、白など色々できるのが便利。
家の中の色んなラベリングにも。

布製品に関していえば、もっとも名前をつけづらい靴下。
タグがないのでボールペンや油性ペンでは書きにくい。
アイロン接着のお名前シートは、何度も洗濯しているうちにはがれてくる。

自分で書くタイプのアイロン接着シートは若干剥がれづらいですが、書いた文字自体が薄くなって消えてゆく。
上記ピータッチのファブリックテープも愛用中ですが、これはかなりはがれやすいです。とくに端だけはがれてきます。
ハンカチやTシャツなど平面面積の大きいものにつけるのはOK。

これは優秀だった!と言えるのがフロッキーシール

アイロンで接着すると文字だけが残るタイプのものですが、ゴムの伸び縮みする部分に貼っても全くはがれることなし!
名前がとてもキレイで見やすい。

伸び縮みする系の布製品には、これがダントツおすすめです。
何度も何度も書き直したり貼り直したりが面倒な人には、声を大にして言いましょう。これ、オススメですよ。

 

ちょっとだけ試してみたい方はコチラ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です