電力自由化 電力会社を変えることにした

2016年4月より始まりました、電力自由化。
これまで電気といえば地域の電力会社のほぼ独占市場でしたが、これからは消費者が自由に会社を選べる時代!
安さで選ぶのはもちろん、電気のつくり方、エコにこだわった電力会社を選ぶのも、自分次第。

電力自由化って何だっけ?と詳しくしりたい方は電力比較サイトが便利。
電気料金のシミュレーションもあってわかりやすいですよ。

北海道は電気料金が最も高い!

ほくでんは2年連続で大幅に電気料金の値上げが行われました。それというのも、原子力発電の割合が大きいからなんですよね。
電気料金は安いにこしたことはないけれど、原発再稼働に賛成!・・・かというとそれも違う。
せっかく自由に電力会社を選べるようになったのならば、どういった方法で電気を作りだしているのか、どこで発電しているのか。そこらへんも少し気にして選んでみたいと思いました。

北海道で選べる電力会社は、現時点で(2016.4月)16社前後。
どのくらい電気料金が安くなるのかは、家庭による電気使用量や使用形態によりけりなのでしょうが・・・
我が家の場合(電気代月々1万円程度)、安くなりそうな電力会社ベスト3は【丸紅新電力・エゾデン・HTBエナジー】でした。
灯油配送をセットにした場合はトドック電気もなかなかの好感触。また、auと契約しているならau電気もまぁまぁです。

何を基準に選ぶか?

安さだけを求めるのなら、各社の料金シミュレーションを使って最も安いところと契約すれば良いでしょう。
原発に頼らないだけでなく、二酸化炭素排出量などエコにこだわるのなら、再生可能エネルギーを使えるところを選べば良いでしょう。
私は何を基準に選んだかというと・・・地域密着!地元貢献!です。

電力会社を決めた!

私が選んだ電力会社は、エゾデンです。

エゾデンとは・・・北海道のJリーグチーム・コンサドーレとサツドラが共同出資してできた新しい会社。
「でんきでげんきプロジェクト」を掲げ、子ども達の健全な心身を育てるためのスポーツスクールを開催したり、子育てママを助ける活動を拡げたり、北海道をげんきにするプロジェクトを展開していき、将来的には電力の全てを北海道で賄うとしています。

子育て世代としては、「子育てママを助ける活動を広げる」という部分に大きく惹かれました。
また、地元企業なので少しでも地域還元できるかな、と。北海道を元気にしたい!
サツドラなどで使える「EZOCA」ポイントが貯まるというのも魅力のひとつです。

そんな訳で電力会社を変えることを決め、ネット上で申し込み申請をしてから2週間後、電気メーターの取り替え工事をすることとなりました。
工事自体はものの10分で終了。

smart
外に設置してある電気メーターが新しく「スマートメーター」というものに変わりました。通信機能がついていて検針しなくても使用電力量がわかるものみたいです。
さあ、実際に使用開始となるのは5月からなので、一体電気がどう変わるのか(いや、変わらないですけどね)、電気料金がどうなったのか、またレポートしたいと思います。

ちなみに冒頭で紹介した電力比較サイトにはエゾデンは掲載されていませんでした。
新電力比較サイトは比較できる電力会社が多くてGOODです。
丸紅新電力・エゾデン・HTBエナジーも比較できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です